3月, 2019年

【896号】サイボーグ時代 リアルとネットが融合する世界で やりたいことを実現する人生の戦略

2019-03-31

 

 

「プロ野球は、生き様を映すドラマだ!」

 

スカパーのCMで流れている、このキャッチコピー、いいですね。

 

さあ、球春到来!

いよいよプロ野球の2019年シーズンが開幕しました。

 

毎年のことですが、この時期になると、ワクワクが抑え切れません。

テレビの中継画面をチラチラ見ながら、

なかなか「ゲラの校正」に集中できない私です。

 

いやーしかし、こうして各チームの「開幕戦」を見ていると、

今年は特に、新人選手の活躍が目覚ましいですね。

 

バファローズの頓宮(ドラフト2位)は、いきなり2点タイムリーヒット、

タイガースの木浪・近本の1番2番コンビは、スタメンで走攻守の大活躍、

マリーンズのドラ1藤原も、高卒新人野手としては数十年振りのスタメンで初ヒット、

ホークスの甲斐野にいたっては、延長戦の10回11回をリリーフ登板し、

剛速球とフォークボールで5奪三振の快投、劇的なサラナラゲームでの勝利投手に!

 

とまあ、早くも開幕戦から、フレッシュに躍動するルーキーたち

新しいスター誕生の予感に、胸が高まります。

プロ野球界にも世代交代の波が押し寄せているようですね。

 

我々企業戦士も、プロ野球チーム同様に、勝ち続けなければいけません。

とすれば、やはり、優秀な新人のリクルート力こそが、組織発展のカギを握ります

 

4/1には、弊社にも多くの新人君たちが入社してまいりますが、

若きエネルギーと共に、ますます成長する新年度にしていきたいものです。

 

皆さまも、よい新年度をお迎えください。

 

 

 

以上、前置きはこれくらいにして、

メインコンテンツに入ります。

 

 

本号も、お薦め書籍(697冊目)として、

ためになる一節を抜粋し、ご紹介いたします。

 

本日のテーマは、【自分をタイムトラベラーだと思う】です。

 

お役に立ちましたら幸いです。

それでは、どうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓

私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.697

『サイボーグ時代』

リアルとネットが融合する世界で

やりたいことを実現する人生の戦略本

自らをアップデートせよ、

人とマシンはやがて高度に融和する。

吉藤オリィ著

きずな出版

 

 

もしもあなたが、いまから20年前の日本にタイムスリップしたら、

そこでの生活をどう感じるだろうか。

本書執筆時から20年前(1998年)あたりの日本は、こんな世の中だ。

 

  • 携帯電話にインターネット、メール、カメラ機能がない
  • 写真を撮影しても、その場ですぐ確認できない。フィルムを現像に出す必要があった
  • 『タウンページ』という分厚い冊子に、個人の固定電話の番号が公開されていた
  • 車には分厚い地図帳があり、初めて行く旅行先では助手席に乗った人がその地図を見ながらナビゲーションしていた
  • 電車に乗るには毎回切符を買わなければならない
  • SNSがない
  • 連絡先が変わった友人とはもうほとんど会えない
  • 世間の情報はテレビ、新聞、ラジオくらいからしか取得できない
  • 飛行機や新幹線、オフィスでも普通にタバコが吸えた
  • LGBTやセクシャル・マイノリティ(性的少数者)という概念は世間一般にはほぼ知られていなかった
  • 白衣が白かった

 

こんな風に、まあ「古きよき日本」といえなくもないが、

いまから考えればかなり不便な部分があるし、

人々の認識の違いにより一部の人が我慢するのが「当たり前」だった。

我々がタイムスリップしたら、もどかしいことばかりだろう。

 

しかし、当時の人はこれらを「不便だ」「我慢しなきゃ」とは意識せず、

当たり前のこととして受け止めていた。

 

このことから私が提案したいのは、

「自分を20年後から来た未来人だと思う」という思考実験だ。

 

1998年に生きていた人たちにとって

当時の暮らしが当たり前のことだったのと同じように、

現在を生きている私たちも、いまの暮らし、

日常を当たり前のこととして受け止めている。

 

そこで、「もしも自分が2038年からタイムスリップしてきた人間だったら」

などと考えることで、現代の不便さを浮き彫りにしてみるのである。

 

たとえば2018年は、

  • 子どもは地域によって決められた学校に通うことが当たり前だった
  • 文字の入力にキーボードを、情報の表示にモニターを使っていた
  • 現金や大量のカードの入った財布をまだ使っていた
  • 個人情報が書かれた名刺が大量にばらまかれていた
  • 横の人にぶつかるほどの満員電車に乗っていた
  • 街を歩く人が歩きスマホをして人にぶつかっていた
  • 高校卒業と同時に大学へ行く人が大多数だった
  • 男女は平等だが老若平等の概念がなかった
  • 子育ては親がするのが当たり前とされていた
  • 化粧という文化があり、毎日メイクに時間をかけた
  • 顔で他人を識別していた
  • 人との出会いは運命的だった
  • 信号機を見て道を渡っていた
  • スーツを着るのが普通だった
  • 毎日職場へ行き、家に帰っていた
  • 風呂は各家に1つだった
  • 寝たきりの人が寝ていた

 

などといったことが想像できる。(あくまで想像だ)

テクノロジーや常識は20年くらい経つとがらっと変わってしまう。

 

だから、いったん自分の視点を未来に持って行き、

そこから現代を見るトレーニングは

世の中の不条理さ、不自由さ、不便さなどを見つけることに役立つ。

 

(中略)

 

人生というのはほとんどが「実験」だ。

過去の先人の知恵は大切で、それを学習し、時代を読む力も大切だが、

結局のところ、どういう結果が起きるのかは、やってみないとわからない。

行動力と好奇心は生ものだ。

 

だから、あれこれ考える前に

まずは「とりあえずやってみる」という精神を持っていたほうがいい。

 

注意しておきたいのはリスクだが、これはつまり「可逆性」である。

 

たとえば、その挑戦に失敗したらケガ人や死人が出てしまうような実験には、

きわめて慎重になるべきだろう。

やるかやらないかを考えるときは「最悪のケース」を考えておくといい。

 

一見するとなんだかネガティブな思考に聞こえるが、

これはけっこうポジティブなものの考え方である。

 

たとえ最悪のケースを考えた結果、

だれかに嫌われたり、お金を失うだけだったら、

それはあとあとリカバリー可能だ。可逆性がある。

 

最悪のケースを考えると、

最終的には「別に死ぬわけじゃないしな」という考え方に到達する。

 

最悪のケースをイメージできたら、とるべきステップはDoである。

 

つくりたいものがあれば、さっさとつくり始める若さを失ってはいけない。

 

 

 

2019年3月31日(日)

 

【編集後記】

 

明日4/1は、新元号の発表です。

 

世間では、新元号の予想合戦が盛んなようですね。

マスコミのアンケート予想によれば、

「安久」が一番人気とのことですが、さて、どうでしょうか。

 

私個人としては、早川家の娘3人が「〇永」「〇永」「〇永」と、

「〇え」という名前に「永」の字が入っているので、

「永〇」または「〇永」という元号になってくれたらと願いつつ、

または、母・栄子の「栄」でもいいかな、と。勝手に妄想を膨らませています。

 

どちらにせよ、国民が安らかで豊かに暮らせるような、

愛と幸福に満ちた「新元号」に期待しています。

 

 

 

それではまた、次号をお楽しみに!

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

******************************

早川勝

【オフィシャルサイト】http://tsuitel.in

 

最新シリーズ↓

『リーダーの鬼100則』

https://ux.nu/thClL

『営業の鬼100則』

https://goo.gl/dd1QQF

 

Bookサイト  http://tsuitel.in/books/index.html

 

【書籍案内一覧】↓

http://tsuitel.in/books/book_list/index.html

【人気シリーズ】↓

http://tsuitel.in/books

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

ご感想、配信停止はコチラ↑

******************************

【895号】前向きに生きるなんて ばかばかしい 脳科学で心のコリをほぐす本

2019-03-16

 

今週は、我が三人娘の「二女」が大学の卒業式でした。

先週は、「三女」が高校の卒業式で、この春からは大学生

と、我が家はお祝い続きです。

 

娘たちの成長は、私にとって何よりの励みであり、

とても感慨深いものです。

 

と同時に、〝息子たち〟の成長にも感動しています。

特に、難産の末、12番目に生まれた息子の活躍ぶりが目覚ましく…。

 

そう、それは息子ほどの愛着がある、拙著『営業の鬼100則』のこと。

http://tsuitel.in/books/index.html

 

少し前に、「韓国語翻訳版」が発売されることになったと、

お伝えしたばかりですが、

今度は、台湾の出版社からも翻訳本のオファーがありました。

ついに、「中国語翻訳版」としても海を渡ることになり、驚いています。

しかも、紙書籍も電子書籍も、両方同時に、とのこと。

どうせなら、中国全土に広まって「10億部」くらい売れてくれるといいなぁ…、

なんて(笑)

 

そのおかげかどうかわかりませんが、

来月、海外で「講演」することになりそうです。

詳しくはまた、次号以降で情報をシェアいたします。

 

さて、『営業の鬼100則』は、3万部突破の勢いに乗り、

3月19日(火)の日経新聞に、またまた大きい「広告」が載ります

 

再加速に期待しつつ、鬼シリーズ第2弾に繋げたいと思います。

 

何とかかんとか、『リーダーの鬼100則』は脱稿し、

(2週もメルマガを休刊してしまい、すいません)

これから「ゲラ」の修正作業に入ります。

 

十三男坊(13作目)は、わりと安産で、さささっと書き上がったのですが、

私の気合いと思い入れが強過ぎたためか、「鬼」度が半端ないんですよ。

編集担当者いわく、

前作を超える「愛」と「覚悟」と「矜持」を感じさせる内容。

とてもいい。十分に一番の代表作を狙える作品です』と、大絶賛の嵐。

恐縮ですが、まさに今、もの凄い達成感に浸っている私です。

 

新元号となるGW明けの5月14日に、

全国の書店へ配本される予定となっていますので、

どうかお楽しみに!

 

 

 

以上、前置きはこれくらいにして、

メインコンテンツに入ります。

 

 

本号も、お薦め書籍(696冊目)として、

ためになる一節を抜粋し、ご紹介いたします。

 

本日のテーマは、【失敗が脳を作る】です。

大ヒット中の「妻のトリセツ」と同じ著者さん。

 

お役に立ちましたら幸いです。

それでは、どうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓

私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.696

『前向きに生きるなんて ばかばかしい』

 脳科学で心のコリをほぐす

AI研究者が解き明かす、

本当の自分を生きる力

黒川伊保子著

マガジンハウス

 

 

子どもの失敗におびえて、先へ先へと情報を与える親もいる。

赤ちゃんを抱いたお母さんから「英語教育は1歳からで大丈夫でしょうか。

やはり0歳から?」と質問されたことがあり、

なぜそんなに焦るのかと聞いたら、

「だって、小学校から英語教育が始まるそうじゃないですか。時間がないです」

と泣きそうな声で答えてくれた。

「ん? だったら、小学校から始めればいいんじゃない?

小学校で、先生が教えくれるでしょう?」と言ったら、

「だからそれまでにペラペラにしておかなくては」と息巻く。

 

私には、このアドバンテージ感がよくわからない。

学校は、勉強を教えてくれるところであって、親の予習力を試すところじゃない。

小学校1年の授業なんて、完璧に予習して行ったら、

はっきり言って退屈でしょうがない。

知に出会う喜びは、教室に取っておいてあげればいいのに。

 

先へ先へ、要領よく、脳にすべきことを叩きこんでいく。

効率がいい感じがして、親は気持ちいいかもしれないが、子はたまらない。

 

子の脳は、好奇心を感じる前に答えを与えられるのである。

おなかがすく前に、次から次へと食べ物を与えられているのと同じ状態だ。

それでは、食べ物が美味しいと感じられないように、

出会った知が脳に与える喜びは、圧倒的に少なくなってしまう。

 

脳も「おなかがすいてから食べる」が正解。

必要としないうちから、だらだらとチェーン食いさせていてはいけない。

 

 

失敗を、先へ先へ阻止していくことは、ありがたい親心だけど、ほんっと要らない。

 

ましてや、親から独立した大人までが、自分自身の過去の失敗にくよくよし、

未来のまだ起こってもいない失敗をぐずくず言うのは止めなければならない。

 

どうも、欧米の国々に比べ、日本は、失敗に弱いような気がする。

 

(中略)

 

そういえば、欧米の就職面接では、過去の失敗事例を尋ねられるという。

成功事例よりも、失敗事例のほうが、その人の経験値を測れるからだ。

「そんな修羅場をくぐり抜けてきたのなら、ぜひ、うちに来てください」

となるそうである。

 

そういう風潮だから、試合中のたった一回の失敗で「メルトダウンして総崩れ」

なんて現象があまり起こらない。

宇野昌磨選手のように、かえって高揚してくるのである。

 

残念なことに、わが国は、昔から

「羹(熱いもの)に懲りて、膾(冷たいもの)を吹く(吹いて冷ます)」

というお国柄。たった一回の失敗の影響力がうんと強い国なのである。

国際競争力を上げるのなら、このことわざから消さなきゃいけない。

 

それにね、人工知能と協働する時代に入ると、

人工知能が、教育ママ並みに、失敗を事前に阻止してくれるようになる。

若者の脳の学習機会は、さらに失われてしまうのである。

これから先、失敗は、貴重な体験になる。

 

そんな時代に、失敗を忌み嫌っていたら、脳はセンスを手に入れられない。

 

失敗を未然に防ぐ、なんて、こざかしい目標を立てるから、失敗にショックを受けるのだ。

「失敗を未然に防ぐなんて、ばかばかしい」。

そう声に出して、言おうじゃないですか。

 

(中略)

 

脳の書き換えは、生まれたときからずっと続いているのだが、

脳が著しい入力をやめる28歳から、より劇的になっていく。

 

言い換えれば、脳が個性を作っていく時期だ。

脳は失敗によって、いらない回路を知ることで、

「本質を見極める大事な回路」を知るようになる。

 

つまり、センスがよく、発想力があって、頼りがいがあって柔軟な脳になるためには、

失敗を重ねなければならない。

 

30代は失敗適齢期。

選択肢だけは山ほど浮かんできて、選ぶのに迷うし、選んだ後もまだ迷う。

しかも失敗する確率が高いから、実に苦しい。

でも、失敗したら「しめた。これで脳がよくなった」と思おう。

 

そうこうするうちに、いらない回路に信号が行かなくなるので、「もの忘れ」が始まる。

もの忘れは、脳が進化していくうえでの大事な機能のひとつ。

もの忘れが始まると、生きるのがものすごく楽になる。

 

40代は、もの忘れが進むと共に、惑いが消え、成功事例が増えて、

比較的幸せな10年間を過ごす。

 

そして、その果てに56歳、脳の完成期がやってくる。

出力最大期への突入だ。連想記憶力と言われる能力が50代半ばから最大になる。

これが、本質を見抜く力。

十分に失敗を重ね、本質の回路だけが残った脳は、

何をしても「腹に落ちる」という時期がやってくる。

 

60代になると、本質を知る回路の抽象度が上がって、

直感の領域で本質を感じるようになる。

だから、相手は人間でなくても本質を見抜くのだ。

野に咲く花にも、人生の真髄を教わるような達観の域に入ってくるのである。

 

60代、70代は旅と習い事の好機。

初めての街に降り立っても、その街の本質がストンと胸に落ちる。

文化の担い手になるのもこの年代だ。

 

脳を知れば知るほど、60代になるのも、70代になるのも楽しみで仕方ない。

 

(中略)

 

4歳になると、子は質問期に入る。

あらゆることを「なんで?」と聞いてくる。

あれももちろん、脳にとって重要なイベントだ。

 

私は、脳と付き合って35年になるが、深く腹落ちしていることがある。

それは、「脳は、一秒たりとも無駄なことはしない」ということだ。

 

「女の無駄話」も「男のぼんやり」も脳の大事な機能性の一部だった。

「夫婦が互いにイラつく」ことも、

互いの生存可能性を上げるための大事な仕組みの一つだったのだ。

 

「失敗」も、脳の成長にとって不可欠のエクササイズ。

「ボケ」も「徘徊」も、楽に死ぬための脳の仕掛けだ。

これらの話は、長くなるから、別の場所で話そう。

 

いずれにしても、脳科学を極めていくと、

ネガティブなことなんか、この世にはないのがわかる。

 

中でも、誰もが通る道(「夫婦のイラつき」「失敗」「ボケ」)は、

脳に人間力を発揮するために不可欠なイベントである。

2歳の実験期、4歳の質問期もそれにあたる。

 

4歳の質問期。脳が無邪気に質問を繰り出してくるのを、

馬鹿にして笑ったり、邪魔くさがって叱ってはかわいそうだ。

 

なぜなら、質問力こそが、命題を見つけ出す力。

将来、科学の大発見をしたり、ビジネスの新発見をしたりするのに、

最も使う能力なのである。

 

そして、命題を見つけ出すことこそ、定形タスクをAIに譲る時代に、

人間のすることのコアになる。

 

自噴してきた質問力を阻止しないことこそ、人工知能時代の子育ての重要ポイントだ。

子どもが質問してきたら、「いいところに気づいたね」と、

まずは、その質問を祝福しよう。

 

とはいえ、子どもの質問は、本当に答えにくい。

「虹はなぜ7色なの?」「人はなぜ死ぬの?」「お湯はなんで沸くの?」

 

答えられなかったときは、「あなたはどう思う?」と聞いてみよう。

まるで一遍の詩のような答えが返ってくることがあるし、

「わからない」と言われたら、

「ママもわからない。あなたがいつかその答えを見つけたら、教えてね」と言えばいい。

 

4歳の質問力を、ウザがらないで。

そのわずかな時間を惜しまないで。

その力が、将来の彼(彼女)を、どれだけ救ってくれるかわからない。

 

(中略)

 

人は誰かのために生きるとき、免疫力が上がるのだという。

 

2010年のチリの落盤事故で、33名が69日も地下深く閉じ込められた。

あまりにストレスフルな日々に耐え抜いて、全員が生還した。

一人一人が地中から出てくるときの画像が、今も忘れられない。

 

このとき、NASAの危機管理の専門家がテレビでこう語っていた。

「彼らが素晴らしかったのは、他者を見守るというタスクを作ったことです」

 

33人を3つのチームに分けて、3つのタスクをそれぞれに割り当て、

8時間ごとに、そのタスクを順繰りに回していったのだそうだ。

その3つのタスクとは、「寝る」「生活する」「他社を見守る」。

 

他人を案じている間、人は、自分に起こっていることを考えている暇がない。

 

「寝る」「生活する」以外の時間に、ストレスをためないようにする最善策だったと、

NASAの専門家は絶賛していた。

 

 

 

2019年3月16日(土)

 

【編集後記】

 

私は現在、「56歳」です。

 

脳の完成期とは! なんとも励まされるお言葉。 出力最大期へと突入し、連想記憶力が最大になるだなんて。

 

そういえば最近、何事もよく「腹に落ちる」。

この「本質を見抜く力」を使い、56歳になってから書き始めたのが、

新作である『リーダーの鬼100則』。

 

ああ、なるほど。どおりで…。

何かが「降臨」していた気がします。

 

 

それではまた、次号をお楽しみに!

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

******************************

早川勝

【オフィシャルサイト】http://tsuitel.in

 

最新刊↓『営業の鬼100則』

https://goo.gl/dd1QQF

 

Bookサイト  http://tsuitel.in/books/index.html

 

【書籍案内一覧】↓

http://tsuitel.in/books/book_list/index.html

【人気シリーズ】↓

http://tsuitel.in/books

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

ご感想、配信停止はコチラ↑

******************************

 

Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.