9月, 2014年

早川勝メール【720号】倒されたかどうかは関係ない。立ち上がるかど うかが問題だ。逆境をモノともしなかった男達による、全人類を燃え上がらせる 名言集

2014-09-28

皆様

こんにちは。
ご縁があって名刺交換させていただいた方々へ
一斉配信しています。

メルマガ復活、第2弾です。
毎週日曜日の配信に戻しました。

先週の719号では、
「死ぬ気シリーズ」の“韓国語翻訳版”と
“中国語翻訳版”発売のニュースをお伝えしましたが、

実は、「死ぬ気シリーズ」は“電子書籍”のほうも
そこそこ頑張っておりまして…。

「死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる」の電子版が、
kindle版の「ベスセレクト25」に選ばれたとのこと。

おかげさまで、この夏は
新しい読者層の方々にも、
読んでいただく機会が増えたようです。
http://amzn.to/1ktixeU
(Kindleストア)

http://kanki-pub.co.jp/pub/boo……4761269791
(BookLive iBooks Kinoppy kubo セブンネットショッピング)

いつも応援ありがとうございます。

さて、
前号でご案内した7冊目の最新刊、
(電子書籍2冊と韓国翻訳版1冊を含めると、10冊目)

「死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる」

のカバーデザインが決まりました。

こんな表紙です

https://www.facebook.com/masar…….hayakawa2
(Facebookに写真を投稿しています)

10月20日発売まであと3週間。
(偶然、52歳のバースデーが発売日となりました)

どうぞお楽しみに!

 

 

と、本日の前置きはこれくらいにして。

メインコンテンツに入ります。

本日も、新たに「594冊目」のオススメ書籍から
抜粋した「なるほど!」という一節をご紹介します。

本日のテーマは、
【自分の人生は自分で決めろ】
です。

それでは、どうぞ!
お役に立てれば幸いです。
↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.594
「倒されたかどうかは関係ない。立ち上がるかどうかが問題だ。」
逆境をモノともしなかった男達による、全人類を燃え上がらせる名言集
ブランドン・ハースト 編
大城光子 訳
アルファポリス 星雲社

人生とは
自分を探すこと
ではない。
自分を創ることだ。

ジョージ・バーバード・ショー
(劇作家/イギリス)

成功への階段のエレベーターは
故障中だ。
階段を上りたまえ
…… 一段ずつ。

ジョー・ジラード
(セールスマン/アメリカ)

成功は幸福の
鍵ではない。
幸福が成功の
鍵なのだ。
今やっている
ことが心から
好きなら、
君はすでに
成功している。

アルベルト・シュヴァイツァー
(神学者、医師/フランス)

誰も見ていないと思って踊れ。
傷つかないと信じて恋せよ。
誰も聴いていないと思って歌え。
この世が天国だと思って生きよ。

ウィリアム・W・パーキー
(作家/アルリカ)

最高のものが
手に入らないなら、
手に入るもので
最高のものを作ればいい。

リチャード・フッカー
(神学者/イギリス)

君が起きようと
起きまいと、
世界は回る。

ジョン・チアーディ
(詩人/アメリカ)

勝つ者は諦めない。
諦める者は勝てない。

ヴィンス・ロンバルディ
(アメリカンフットボール選手、コーチ/アメリカ)

矢を放つなら、
太陽を狙え。
矢は届かなくとも、
自分と同じ高さの的を
狙うより、
はるかに高く飛ぶ。

ジョエル・ハウズ
(牧師/アメリカ)

君の言葉は
疑われるかもしれないが、
君の行動は
信じてもらえる。

ルイス・カス
(軍人、政治家/アメリカ)

本当の障害とは、
人生に対する
否定的な態度だ。

スコット・ハミルトン
(フィギュアスケーター/アメリカ)

偉大な男たちなどいない。
ただ、偉大な試練に立ち向かう、
普通の男たちがいるだけだ。

ウィリアム・F・ハルゼー
(軍人/アメリカ)

2014年9月28日(日)

******************************
早川勝
【ホームページ】
http://tsuitel.in

【早川勝の書籍案内】↓
http://tsuitel.in/books/book_l……index.html

『「最高の結果」はすべてを「捨てた」後にやってくる』
http://amzn.to/1hGD5zY

「死ぬ気で働くリーダーにだけ 人はついてくる」
http://amzn.to/1kWAkkK

E-mail:hayakawa@tsuitel.in
ご感想、配信停止はコチラ↑
******************************

早川勝メール【719号】あなたは生まれたときから完璧な存在なのです。60年間、悩める人を救ってきたシスター鈴木の“幸せメソッド”

2014-09-23

皆様

こんにちは。
ご縁があって名刺交換させていただいた方々へ
一斉配信しています。

ただいま帰ってまいりました!
7週間ぶりのメルマガ配信。

やっと最新刊の原稿が完成しましたので、
再開の運びとなりました。

長らくお待たせいたしまして、
大変申し訳ございません。

多くの方々から、「まだか、まだか」と
嬉しいリクエストをいただいておりましたが、
本日の719号より完全復活!!

次号より、毎週日曜日の配信に戻りますので、
引き続きご愛読のほど宜しくお願いします。

さて、
10月20日発売予定の噂の最新刊、
「死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる」
のゲラが完成しました。

ただ今、最後の加筆修正を行っているところですが、
もの凄く面白い一冊に仕上がりましたよ。

「死ぬ気シリーズ」3部作の中ではもちろんのこと、
過去の書籍7冊の中でも
“最高傑作”であると自負しています。
(出すたびに同じことを言っていますが…笑)

この世に似たような「営業本」は2冊と存在しない、
と断言できます。
なぜなら、私が長年の間、
営業現場で実践してきた「真実」が詰まった、
超オリジナルバージョンだからです。

営業分野は、私の最も得意とするジャンルでありながら、
これまでは敢えて触れてこなかった「聖域」。

今まさに“満を持して”
世に送り出すこととなりました。

こうして執筆してみると、
改めて、実感します。
「営業とは人生の縮図である」と。

営業職でない方にとっても、
心に響くメッセージが満載ですよ。

一カ月後、書店で見かけることがありましたら、
ぜひ、手に取ってみてくださいませ。

さてさて、
「死ぬ気シリーズ」といえば、
実は・・・、
前作「死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる」の
“韓国語翻訳版”が出版されることになりました。
http://tsuitel.in/books/new_bo……index.html

ただ今、韓国の書店で絶賛発売中です。

こんな本です

https://www.facebook.com/masar…….hayakawa2
(Facebookに写真を投稿しています)

さらにさらに、
実はこのたび、
中国・北京の出版社からもオファーがありまして、
前々作「死ぬ気で働いたあとの世界を君は見たくないか」
“中国語翻訳版”も発売されることが決定しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/o……direct-22/

拙著が続々と海を渡り、
世界の人々へメッセージを発信いくことができること、
それは、この上ない喜びです。

ぜひ、次の最新刊「死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる」も
世界の営業マンを励ます本になれることを
心から祈っています。

それではまた、
新刊情報をお楽しみに!

と、本日の前置きはこれくらいにして。

メインコンテンツに入ります。

本日も、新たに「593冊目」のオススメ書籍から
抜粋した「なるほど!」という一節をご紹介します。

本日のテーマは、
【あなたの価値】
です。

それでは、どうぞ!
お役に立てれば幸いです。
↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.593
「あなたは生まれたときから完璧な存在なのです。」
60年間、悩める人を救ってきたシスター鈴木の“幸せメソッド”
鈴木秀子著
文春新書

ある講演会で
ちょっとした「実験」をしたことがあります。

「どなたか、新札のきれいな1万円札を
お持ちの方はいらっしゃいませんか?」

こう私が壇上から呼びかけると、
一人の紳士が手を挙げて前へ歩み出てきました。

紳士は札入れから一枚のお札を抜き取って
私に渡しました。

私は、そのお札を会場全体にかざすようにして
言いました。

「ご覧の通り、きれいな1万円札ですね。
では、ちょっとお借りしますね」

そう言って、私はその1万円札を
くしゃくしゃに丸めました。

紳士はぎょっとした表情を浮かべました。

その顔には、「いったい突然何をするんだ」
と書いてありました。

ほかの聴衆も、唖然として
私の行為を見守っています。

そのお札を徹底的にくしゃくしゃにしてから、
私は言いました。

「あんなにもきれいだった1万円札が、
こんなになってしまいました」

そして、次にしわをのばして広げて
聴衆に見せました。
「でも、広げてみると1万円札ですね。
誰か、これを欲しい人はいますか?」

すると、あわてて紳士が手を挙げました。
「もちろんです。だって、私の1万円札ですよ」

「でも、もう新札ではなくなってしまいました。
さっきはあんなにきれいだったのに、
今はこんなにくしゃくしゃです。
なぜ、それでも欲しいのですか?」

「だって、どんなにくしゃくしゃでも、
その一万円の価値があるからです。
それで1万円のものが買えますから」

その答えを聞いて私は、
心配させてしまったことを詫びながら
紳士に1万円札を返しました。

このとき私が、
少々乱暴なことをしてまで伝えたかったのは、
お札同様、どんな姿になっても
私たちの価値は変わらないということです。

私たちは一生懸命頑張っても失敗するし、
いきなり誰かから傷つけられることもあります。

そのたびにボロボロになったり、
くしゃくしゃになったりします。

あなたも、長く生きて、
いろいろな経験をすればするほど、
古いお札のようになっていきます。

でも、そりしわをきちんと伸ばしてみれば、
変わらぬあなたが姿を現します。

そして、変わることのない、
あなたならではの価値を発揮できるのです。

私たちは、ちょっとしたことで
自分に対する信頼を揺るがせてしまいます。

失敗したり傷ついたりして、
「もうダメだ」と落ち込んでしまうこともあります。

しかし、それは大きな間違いなのです。

あなたがあなたである限り、
何があろうとも、
あなたの価値は1ミリたりとも
失われることはありません。

(中略)

持たない人ほど欲しがらない

私は、阪神・淡路大震災のときも現地に向かい、
被災者支援の活動に参加しました。

すでに20年近い歳月が流れましたが、
昨日のことのようによく覚えています。

避難所の体育館には、
寒さを凌ぐための衣類が、
全国から寄せられていました。

衣類の配布を行っているボランティアのところへ
やって来た一人のおじいさんが、
とても暖かそうなコートと、
毛皮のセーターをしばらく見較べてから、
セーターを手に取りました。

「コートのほうが暖かいのではないですか?」
見ていた私が問うと、

おじいさんはこう言いました。
「ずいぶん暖かそうだし、生地がしっかりしてかっこいいね。
だからほかの人にあげてください。
私はこっちで充分だから」

そのおじいさんは、着の身着のままで逃げてきて、
ほかに衣類の余裕があるわけでありません。
だから、2着とも持っていったっておかしくありません。

それなのに、これから来るであろう人たちのために
自分はセーターだけでいいと言うのです。

このおじいさんを見て、
私はかつてボランティアのスタッフから聞いたことを
思い出しました。

「物資を受け取りに来るそれぞれの人の被災度合いは
一目でわかります。
被害が少ない人ほど、
援助物資をたくさん持っていこうとします。
大きな被害を受けた人は、
同じような目に遭ったほかの人たちを思いやって、
最低限のものしか受け取ろうとしません」

まさに、その通りのことが
私の目の前で何度も繰り広げられました。

何も口にしておらずひどく空腹のはずなのに、
小さなおにぎりを一つしかとろうとしない人。

一本のペットボトルの飲み物を、
隣の人と分け合おうとする人。

ストーブの近くを、
もっと寒がっている人のために空けておこうとする人。

そういった人たちのほとんどが、
まさに「何も持っていない」状態だったのです。

私たちは、なまじ少しのものを失ったくらいだと、
「こんなひどい目にあったのだから、自分さえよければいい」
と考えてしまいがちです。

ところが、身を切られるような悲しみを味わうと、
ほかの人の痛みがわかり、
なんとかその痛みから救ってあげたい
と願うようになります。

それはなぜかと問われれば、
「人間だから」
と答えるしかありません。

2014年9月23日(祝・火)

******************************
早川勝
【ホームページ】
http://tsuitel.in

【早川勝の書籍案内】↓
http://tsuitel.in/books/book_l……index.html

『「最高の結果」はすべてを「捨てた」後にやってくる』
http://amzn.to/1hGD5zY

「死ぬ気で働くリーダーにだけ 人はついてくる」
http://amzn.to/1kWAkkK

E-mail:hayakawa@tsuitel.in
ご感想、配信停止はコチラ↑
******************************

Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.