6月, 2010年

早川勝メール【524号】自分ブランドで勝負しろ !

2010-06-27

こんにちは。

ご縁があって名刺交換(アドレス交換)させていただきました1,135名の方々へ
一斉自動配信しています。

今、サッカーの話題は避けて通れないでしょう。
はい、今日もワールドカップの話です。
ここのところ、岡田ジャパンネタばっかりですけど…。
興味のない方はすいません。
えっ???
「お前の個人的な話よりはよっぽど興味深い」って???
ははっ、もちろんそうですよね(笑)
それもそのはず…、
デンマーク戦の視聴率は早朝にもかかわらず30%以上だったらしいじゃないですか!!!
瞬間視聴率は40%以上…、って凄いですよね。
通常1%台の時間帯にですよ。
日本国民の関心の高さがうかがえます。
日本代表チームがついに決勝トーナメントに進出し、ますますヒートアップしてきました。
今、応援していない人は「非国民」と罵られそうな雰囲気です。
どこもかしこも、W杯の話題が挨拶代わりになっているほど。
盛り上がっていますね~。
私自身も、岡田ジャパンにはデンマーク戦で「勝ち」に行ってほしいと、
前週この配信メール上でも熱い願いを書き連ねましたが、
まさか、本当にベスト16に勝ち進んでしまうとは…。
いやいや~、驚きました。
戦前は「岡田ハエジャパン」とか言ってしまってすいません。
ホントごめんなさい。
罪滅ぼしの一つとして、私も3時半にきっちり起床して、フルタイム応援しましたよ。
でもきっと私はじめメディアの毒舌叱咤激励が効いたのでしょう(笑)
すごかったですね。岡田ジャパン。
本田、遠藤のフリーキック。そして岡崎のゴール。
本田選手の価値が一気に上がりましたね。
来年はバルセロナかチェルシーあたりでガッポリ稼げそうです。
いや、そんなお金のことより、プレーですよ、日本人選手の素晴らしいプレー!!!
特に、GK川島選手のファインセーブには鳥肌が立ちます。
相手PKを止めて「やった!』と思った瞬間、こぼれ球を押し込まれて、
川島が地面を何度も叩いて悔しがっていたシーン…、
いいですよねぇ。
あの闘志。
松井・大久保の活躍も凄い、長友も素晴らしい、センターバックの闘莉王の守備も見逃せない
だけど、岡田監督が言っていました。
ヒーローは「年寄り4人組」だと。
(年寄りって表現はどうなの…??? 30代でしょ、まだ…笑)
「川口は本当によくチームをまとめている。
楢崎はいつも川島にアドバイスを送っている。
俊輔はハーフタイムでオレより的確な指示を出している。
中沢はゲームキャプテンを外れても練習では先頭を走っている」
と、岡田監督は控え選手(中沢はゲームでも大活躍でしたが…)への心配りを忘れない。
いや~、岡田監督はもはや、名将です。
改めてサッカーはチームワークなんだということを勉強させてもらいました。
「いいぞ、岡ちゃん!天才!」

さーて、いよいよ火曜日のパラグアイ戦が楽しみになってきましたね。
FIFAランキングは日本より上位。
ヨーロッパで活躍するFWトリオのサンタクルス、バルデス、バリオスは世界トップクラスの実力。
強敵です。
ところで、
パラグアイって、どこにあるの???
という方も多いですよね。
アフリカ? 東ヨーロッパ? アジア?
いやいや、違います。
中南米? かと思ったら違うんですね。
私、調べましたよ。どんな国か。
南米のド真ん中、ブラジルとアンゼンチンの間にあるらしいです。
そりゃあ、サッカーは盛んなんだろうなぁ、というのは推測できますよね…。
パラグアイという国の面積は日本とほぼ同じくらいですが、
人口はたった630万人と日本の20分の1。
主な産業は農業、林業、牧畜業で、大豆の生産量は世界上位なんだとか。
1989年に民主化するまで35年間は軍事独裁政権を敷いていたらしく、
元々はスペインの植民地ということで、公用語はスペイン語。
普段はあまり耳にしない国名ですけど、他にも聞きなれない国が出ているたびに、
どこにあるんだろう、と興味を持ったりして…、
ホント、ワールドカップって地理のお勉強にもなりますね。
そうそう、知らない国といえば、
「『ホンジャマカ』ってどこの国だ~」、と大騒ぎしていた天然のS君。
それを言うなら「ホンジュラス」だっつーの(笑)

それにしても、今回のW杯は南米チームが強いですね。
5チームすべてが決勝トーナメント進出とは。
昨日の決勝トーナメント一発目で韓国もウルグアイに負けてしまいましたし…。
それに比べてヨーロッパの強豪チームはどうしたのか。
前回ドイツ大会優勝と準優勝のイタリアとフランスが1勝も出来ずに敗退するとは…。
イングランドとスペインも苦戦の末、なんとか決勝トーナメント進出は果たしましたが…。
う~ん、やっぱり、南半球だからでしょうか。
地球を逆に半回転しているわけですから、逆立ちしながらサッカーしている感覚なのか、
味方と敵のゴールがよく分かっていない、なんてことあるわけないですよね(笑)

さあ、いよいよ日本対パラグアイ戦を2日後に控えて、胸が高鳴ってきます。
もしも、勝ってベスト8進出ということになると、
準々決勝はスペインとポルトガルの勝者と対戦。
ということは、真夜中の25時まで日本を応援したあとは、
27時半からのスペイン対ポルトガルのゲームも観戦しなきゃいけないですね。
やっぱり、気になりますからねぇ。次の対戦相手が…。
いろいろと相手チームのことも知っておくと、
ベスト4進出をかけた試合をより一層面白く見ることができますからね。

まだまだしばらくは眠れない夜が続きそうです。
皆さん、しっかり仕事もしてくださいよ。

と、前置きはこれくらいにして…、

本日も、
「私の本よりためになるお薦め書籍シリーズ・全400冊」の中から
好評だったバックナンバーをお届けいたします。

それでは、
ためになる抜粋文章をどうぞ。
本日のテーマは…、
【会社のために働くな】
です。

お役に立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ  No.36
「自分ブランドで勝負しろ !」
藤巻幸夫 著
インデックスコミュニケーション

会社のために働くな !

私には「会社のために働く」という気持ちはサラサラなかった。
会社のためでもなく、上司のためでもなく、すべて自分のためでいい。
自分を磨くために働けばいいのだ! と割り切っていた。
考えようによっては、かなり生意気だったかもしれない・・・・・。それは認める。
しかし。

そもそも会社が求めているのは実力のある人材ではないのか?
ならば自分を磨いてこそ、結果的にはだれよりも会社に貢献できるのではないか!

私はそう信じた。
ゆえに納得できないことは上司から言われてもハイハイとは引き受けなかった。
嫌われたっていい、
上司の顔色をうかがうだけのイエスマンにはなるものか、との信念はずっと持ち続けてきたつもりだ。
その代わり、「この人はすごい!」と思ったら意地でもついていこう、考えていた。
幸いなことに私は、伊勢丹時代からたくさんのいい先輩やいい上司に恵まれた。
だから、よく面倒をみてくれる上司や先輩に師事したのはもちろん、
「このおっさん、ちょっと性格きつそうだけど、仕事はできるよなあ」と自分がうなった人にも、
そのノウハウを徹底的に盗むつもりで、へばりついていった。
(今でも学ばせてもらったことを感謝している)。
怒鳴られようが蹴飛ばされようが、
それで仕事のコツが身につくなら、自分にとってなんてありがたいことか!
仕事は盗むもの、というのは絶対的に正しい!
また、周りから学ぶ一方で、自分しかない強みをどうすれば築けるかも考えていった。
実践したのは次のようなことだ。

・周囲に「会社」ではなく「自分」の顔を覚えてもらう

私は取引先のメーカーなどを、時間さえあれば自分で勝手にどんどん回った。
親しくなったら、その人たちから「こんな面白い人もいるよ」と次々に紹介してもらい、
ねずみ講のごとく自分の人脈を広げていった。
取引先関係のパーティーがあれば参加し、頼まれてもいないのに司会を買って出たりもした。
そうやって動いて、「あいつは何者だ?}というところから私は業界内で顔を売っていった。
(ただし一点つけ加えておく。
一度会ったぐらいで、あるいは「こいつは面白そうだ」と興味をもってもらえたぐらいで、
すぐにその相手と深い関係が築けるわけではない。
そこを突破口に、つき合いを長く維持していくことが最も大切だ。
人との「信頼」というのは、イコール「時間軸」だと私は思っている)。

 

 

2010年6月27日(日)

 

**************************************
生きてるだけで「ツイてる!」
感謝感謝の「早川 勝」でした。

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

**************************************

早川勝メール【523号】質問力

2010-06-19

こんにちは。

ご縁があって名刺交換(アドレス交換)させていただきました1,132名の方々へ
一斉自動配信しています。

今夜のW杯はオランダ戦。
ゴールデンタイムの放送ということもあり、
きっと記録的な視聴率になるんでしょうねぇ。
今夜は宅配ピザ屋さんも大繁盛みたいですし…。

今回のW杯はなんだか波乱の様相。
優勝候補のスペインが負け、前回準優勝のフランスも負け…。
おお~、これはなんだか日本にもチャンスはありそうな気がしてきますよねぇ。
今夜のオランダ戦はなんとか引き分けで勝ち点1を取れれば…と弱気にならず、
一気に「勝ち点3」を取りに行ってほしいです。

このメール、月曜日に会社PCでご覧になっている方も多いと思いますので、
そのときはすでに結果が出ていますよね。
さーて、どんな結果になっているでしょう。
ホント楽しみですね。

ところで、
本日は土曜日、
「いつもは日曜日にメールが届くのに…」と、
思っている人もいるのではないでしょうか???
実は、
明日は朝早くからずっと一日中、
ボランティア活動の予定なんです。
スペシャルオリンピックスという知的障害児の運動会を手伝ってきます。
会社の仲間たちと。

皆たくさん参加してくれます。
なんて素晴らしい仲間たちなんでしょう。
弱者を助けること、
生命保険の仕事以外においても社会貢献することによって、
社会の助け合いの輪を広げることの大切さを再認識できる絶好の機会になります。
障害を一つの個性として、
「同情」ではなく「愛情」で接してあげられるかどうか、
私自身も一緒に楽しんできたいと思います。

ということで、
明日はメールを配信している時間も気力もなさそうなので、
本日の配信となりました。

と、前置きはこれくらいにして…、

本日は…
新たに「430冊目」のオススメ書籍から抜粋した「なるほど!」という文章をご紹介します
今回のテーマは
【聴き上手の技】です

お役に立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「オススメ書籍」シリーズ【No.430】
「質問力」
話し上手はここがちがう
齋藤孝

「うなずき」から「言い換え」へ

自分の呼吸や相手の呼吸に合わせてうなずくと間が取りやすい。
相手の話が一区切りして相手が息をつくところでこちらもうなずくなど、
呼吸をするたびに顔を下げて間を入れると、うなずく技が習慣化しやすい。
これを言語レベルで言うとあいづちに当たる。
「なるほど」とか「そうですね」とか「はあ」とか「ほう」とかあいづちを入れると、
ずいぶんと話しやすくなる。
あいづちはうなづくのと同じ効果がある。
相手が途中で気分を害してしまうと話が聞けなくなってしまうが、
取りあえずあいづちを打っておくことで、
本当は相手の話に同意していなくても相手の話を引き出して聞くことができる。
これが「質問力」の前提になる作業である。
質問はクリアな言葉で行わなければならないが、
身体のレベルで沿う構えがないと、質問が素っ気なくなってしまう。
うなずくあいづちを打つ、あるいはあいづちに近いが相手の言葉をオウム返しに繰り返す技もある。
これは場を流して次の言葉を引き出すのに効果的である。
あまり意識的にやるとわざとらしいが、相手の言葉を確認するように繰り返し言ってあげると、
相手は話を続けやすいものだ。
ただし語尾を上げた疑問形にしてはいけない。
あくまでも語尾は上げずに繰り返す。いわばオウム返しの技だ。
相手の言葉を反復して繰り返しても、新しい意味は何も生み出さないが、
対話上手な人でもけっこうこの技を使っている。

「言い換え」の技と「引っぱってくる」技

次の段階の沿う技には「言い換え」がある。
相手の言った言葉を自分の言葉で言い換える技だ。
意味は変わっていないが、聞き手が同じ内容を違う言葉で言い換えることで、
内容がきちんと消化されていることが相手に伝わるわけだ。
「言い換え」は話の理解度を試す上で非常によい方法である。
違う言葉で言い換えさせたり、自分の言葉で言い換えさせるトレーニングは効果的だ。
同じ言葉を反復するのはただの丸暗記だが、自分の言葉で言い換えることができれば、
その内容が咀嚼されて自分のものになっていると相手に示すことができる。
対話が無駄になっていないことが相手にメッセージとして伝わるので、
あいづちやオウム返しよりワンランク上の沿う技といえる。

さらに高度な沿う技は「引っぱってくる」技だ。
相手が少し前に言った言葉をもう一度、今の文脈に持ち出すという技である。

使う人がわりと少ない高度なテクニックだが、使ってみると非常に効果がある。
私は時々やるのだが、相手の話の中にキーワードをまず見つける。
そして相手の口から発せられた言葉を自分も使うと、相手は大変好感を覚えるのである。
その際、直前に言われた言葉を使うとオウム返しになってしまうが、
20~30分前に言った言葉やその人が他で言った言葉を覚えておいて引用すると
「いやあ、君はよくわかっているねえ」と評価される。
当人が言った言葉だから「わかっている」のは当然である。
しかも自分の言葉だから、相手は喜んで話を聞く。
非常に効果的な技である。

 

 

2010年6月19日(土)

 

**************************************
生きてるだけで「ツイてる!」
感謝感謝の「早川 勝」でした。

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

**************************************

早川勝メール【522号】あなたは絶対!運がいい

2010-06-13

こんにちは。

ご縁があって名刺交換(アドレス交換)させていただきました1,126名の方々へ
一斉自動配信しています。

サッカーW杯が盛り上がっていますね。
「岡田ハエジャパン」には、ぜひぜひ頑張ってほしいですぅ。
ホントに。
先々週にもお伝えした通り、やっぱり前哨戦は連敗続き…
相変わらず岡田ジャパンに対する下馬評は厳しい意見ばかりですが、
みんなで日本チームを応援しようって盛り上がりは、イイですね。
ルールも知らない「にわかサッカーファン」までが一丸となり、
4年に一度だけ日本チームを応援する……、
そんな国民的なお祭りの季節がやってきました~!!!

目標の4強とはいいませんが、
なんとかグループリーグ突破を、いや、なんとか1勝を、
いやいや、なんとか1点を取ってほしいです(笑)

本番直前のジンバブエとの練習試合もダメでしたね。
“ジンバブエ”という格下の「ハエ」にも勝てなかった「ハエジャパン」(笑)
…ですが、

明日のカメルーン戦は見逃せません。

ワールドカップ史上、
初戦において、第1シード(Eグループはオランダ)以外のチームに負けたチームが、
決勝トーナメントに進出したデータは皆無…過去に1チームも存在しません。
…っていうことは、初戦のカメルーンに負けたらもうおしまい、ってこと???
なんと、日本チームはいきなり「あとがない」(笑)

初戦ですべてが決まります。
頑張れ、岡田ジャパン!!!
奇跡の引き分けに期待したいです。

優勝はいったいどこの国になるのか…。
オールスター級の選手が揃っている「スペイン」でしょうか???
う~ん、ワクワクしますね。
しばらくは眠れない夜が続きそうです。

 

と、前置きはこれくらいにして…、

本日も、
「私の本よりためになるお薦め書籍シリーズ・全400冊」の中から
好評だったバックナンバーをお届けいたします。

それでは、
ためになる抜粋文章をどうぞ。
本日のテーマは…、
【理想と現実】
です。

お役に立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ  No.24
「あなたは絶対!運がいい」
浅見帆帆子著
グラフ社

自分の理想について話す時、人は「これは理想だから無理なんだけどね」とか
「それは理想でしょ」というニュアンスで話しますよね。
「理想だけは高く持ったほうがいい」なんていうのも、
まるで、最初からあきらめているかのような感じがします。
でも「理想」というのは、そんな消極的な希望ではありません。
ずっと追いかけ続けて、いつか達成したい目標です。
いくら「観念的」と定義されても、「考え得る最も完全なもの、最善の目的」であるのですから、
かなわない遠い「夢」ではないのです。
「人が考え得る」なんですから、人にできないわけがありません。
自分が設定するのに最高に素晴らしい「目標」で、意思と努力によって必ず実現するもものはずです。
「理想は実現できるもの」と思うか、「理想は最高に素敵な夢物語」と思うかが、
現実化するかしないかの分かれ目だと思います。
理想に対する意識の違いです。
実現するかしないかは、自分の心が決めているのです。
それよりもなによりも、「自分の心が楽しくなることをやろう」がわたしのモットーなので、
「理想は絶対、現実になる」という考え方は、自分を楽しくするのです。
「理想を実現させるために頑張ろう」と自分を奮い立たせるのではなくて、
「自分の心が楽しくなることに向かって進もう」というものです。
誰だって、理想が現実になったらうれしいですよね。
「こうなったらどんなにうれしいだろう」というような、
ただうっとりするための空想だと、そこから覚めたときに現実と比べてしまいますが、
それが本当になるとしたら、うれしくなって元気が出てきます。
理想が現実になるという確信があれば、やる気もわきます。
だから、必ず実現するというしっかりとした明確な理想が心にある人は、
毎日がきっと楽しいと思います。

 

 

2010年6月13日(日)

 

**************************************
生きてるだけで「ツイてる!」
感謝感謝の「早川 勝」でした。

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

**************************************

早川勝メール【521号】ツキを呼び込む成功法則

2010-06-06

こんにちは。

ご縁があって名刺交換(アドレス交換)させていただきました1,120名の方々へ
一斉自動配信しています。

先週土曜日は会社メンバー主催のバーベキュー大会でした。
我が恵比寿オフィスの社員が企画・準備をしてくれまして、
ご家族の皆さんにもたくさんお集まりいただきました。
初めてのバーベキュー大会でしたが、
それはそれはもう…大いに盛り上がり、
お祭りのような大賑わいで、楽しい時間になりました。
お肉も美味しかったし、皆で飲むお酒の味も最高でした。

徹夜で作ってくれたA君夫妻手作りのスイーツが皆にふるまわれたり、
職人もビックリの包丁さばきをみせる社員が現れたり、
…といった様々なサプライズもあり…。

真っ黒になってひたすら肉を焼く人…、
野菜には見向きもせず、ただひたすら肉を食べまくる人…、
決して火を絶やさない「練炭職人」…、
こだわりの味を追求する「焼きそば奉行」…、
お酒をついでまわる「お酌侍」…、
酔っ払って「変なオジサン化」していたZさん(爆笑)、
普段は垣間見ることのできない社員たちの新たなキャラを発見できました(笑)

そして、今回参加してくれた子供たちには、
「豪華お菓子セット」のプレゼントも用意されており、
喜んでもらえたようです。
各チームから選抜されたレクリエーション委員が中心になって、
朝早くからの場所取りや買出しの準備など…、
社員一人一人がもの凄く頑張ってくれました。

ホント、お疲れ様でした。
やっぱり、いいもんですね…みんなで楽しむ「BBQ」。

えっ?!
あんたは何をしたのかって???

私はですねぇ…。
ほとんど役に立っていません(笑)
す、すいません。

う~ん、でも、
あえて貢献したことといえば…。
皆の20倍の会費を負担したことくらいでしょうか(驚)
レクリエーション委員からしっかりと20人分のお金を徴収されましたよ…(汗)
いわゆる、
陰のスポンサーですね(笑)

みんなに喜んでもらえてよかった…。
生きたお金になりましたよ(嬉)

ご家族と触れ合うたびにいつも思います。
社員とそのファミリーの幸せのために全力で成功をサポートしなければ…と。
さらに責任感が増しますね。
そのためなら「鬼」にもなれます(笑)
仕事の鬼、ですよ、もちろん。

小さな子供たちの笑顔にパワーをもらえたような…そんな素敵な一日となりました。

 

と、前置きはこれくらいにして…、

本日も、
「私の本よりためになるお薦め書籍シリーズ・全400冊」の中から
好評だったバックナンバーをお届けいたします。

それでは、
ためになる抜粋文章をどうぞ。
本日のテーマは…、
【言葉のご利益】
です。

お役に立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ   No.23
「ツキを呼び込む成功法則」
医学博士が書いた夢をかなえるーツキの科学!!!
佐藤富雄著 オーエス出版社

不確実性のなかで生きる能力

ツキや幸運をつかめる絶対条件のひとつに、
「不確実性のなかで生きる能力」があげられます。
ここでいう不確実性とは、先の見えない未来に広がる可能性のことを指しています。
その可能性のなかで生きる能力とは、
目標を実現していく自分自身の姿を肯定的にとらえられる想像力と言い換えてもよいでしょう。
夢や希望をイメージとして思い描いたり、
人生の目標を創造体験(目的が実現した未来の結果をリアル視覚化できること)として
脳にインプットすることは、未来の可能性を強く信じていなければ果たせません。
「どうせできやしない」「無理に決まっている」と思う人の前に未来の可能性は存在しないのです。
そして実際に失敗をすると、それが自己イメージのなかに定着していきます。
仮に現実をうまく突破し、まさに本当の前進をしそうになったときでも、
「拒否への不安」「変化への不安」「成功への不安」といったものが働いて、
事を投げ出してしまうということも起こります。
すると、そこへ自己合理化作用が働き始め、
「やはり思った通りだ。これまでのことを考えると、今度ももう前進は期待できない」と、
自分の気持ちを満足させるようなことになってしまいます。
その反対に、「きっとできる」「夢はかなう」と楽天的に考えられる人ほど、
不思議なほど楽々と、望みを実現させていくものです。

言葉のご利益

ほめ言葉の御利益というものがあります。
きれいだとほめられた人ではなく、ほめた人のほうが美しくきれいなるという、不思議な現象です。
これも一人称しかもたない自律神経系のなせる技で、
言葉は使った人に御利益をもたらすことになります。
ほめられたほうの人にも、実は少しだけ御利益があります。
ほめられた人が、そのほめ言葉を本気にしたときです。
自分自身へのほめ言葉にも、御利益があります。鏡に向かって「私って美人だわ」と言葉にすると、
それを読み取った脳のコンピュータが、実際に現実に表そうとします
この法則にしたがって、自分を美人だとほめ、
周りにいる人をほめまくることで、どんどん美人になっていきます。
逆に、人を傷つけるような言葉や、呪うような言葉を使えば、
それも全部自分にはね返ってきます。
良い言葉やほめ言葉をかけていると、
人とのかかわり方が根本的に良い方向へと変わっていきます。
その言葉がすべて自分に返ってくる効果もあります。
それが繰り返されるうちに、仕事も必ず良い方向に向いていき、
成功につながるというわけなのです。

 

 

2010年6月6日(日)

 

**************************************
生きてるだけで「ツイてる!」
感謝感謝の「早川 勝」でした。

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

**************************************

Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.