早川勝メール【460号】「いいこと」が次々起こる心の魔法

2009-03-11

 

月曜日、WBC観戦に行って来ました。
東京ラウンドの決勝戦・因縁の日本VS韓国戦。
皆さんの中には、テレビで楽しんだという方も多いのではないでしょうか?
かなりの高視聴率らしいですからねぇ…。
試合の結果は惜しくも1-0で負けちゃいましたけど…、
いや~、東京ドームはすっごい盛り上がりでしたよ。
特にイチロー人気は凄い!!!
イチローが打席に立つとカメラのフラッシュがキラ星のごとく無数にたかれ、
異様な雰囲気でした。
球場全体が光り輝いていて綺麗でしたけど♪♪♪
でも、そういう野球ファンって、
どうなんでしょうねぇ…。
プレーしている選手たちからすると迷惑でしかないと思うんですけど…。

まあ、そんなことはともかく、
負けても日本が第2ラウンドに進めてよかったですね…。
しかし、次の相手チームは強豪キューバ。
なんと164キロの豪速球を投げる左ピッチャーがいるんだとか…。
ちょっとヤバいですねぇ。
仮に一回戦敗退したとすると、
敗者復活で勝ち上がっときにまたまた立ちはだかる韓国がポイントになりそうです。
原監督の采配に期待しましょう。
もうワンアウトから同点狙いの送りバントはやめてほしいです(笑)

さて、それでは、
本日は、ある有名なMDRTの方から聞いた「なるほど」って話をご紹介します。
↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「明日から」を7回言うと、
『1週間』になる。

「来週から」を4回言うと、
『1ヶ月』になる。

「来月から」を12回言うと、
『1年』になる。

「来年から」を数回言うと、
『○○』になる。

さて、『○○』に入る言葉は何でしょう???

正解された方の中から
抽選で一名の方に本日のオススメ本を差し上げます。
どしどしメールでご応募ください。
発表は発送をもって替えさせていただきます。
ホントです(笑)

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

・・・と前置き(前置きの前置きも)はこれくらいにして、
今回もまた…
「私の本よりためになるお薦め書籍シリーズ・全400冊」の中から
好評だったバックナンバーをお届けいたします。
本日のテーマは…
【すべてうまくいく思考】です。
お役に立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.92
『「いいこと」が次々起こる心の魔法 』
上智大学名誉教授 渡部昇一著
三笠書房

あなたは肉体を与えられてこの世に存在している。

あなたは自分だけの外見と性格を持ち、血のつながった親と子がいる。

これが物質的な世界における、あなたの現実なのだ。この現実を認めて

「私は自分に不満を抱いたりせずに、あるがままの自分を受け入れる」

と言うには、かなり気がまえが必要だろう。

しかし、これをしなければ、あなたの内なるエネルギーは

怒りや罪悪感、恐れ、苦しみなどの否定的感情に費やされてしまい、

求めていることを現実に引き寄せることは難しくなるのだ。

自分を受け入れると言っても、必要なのは意識を転換することだけである。

要はこころのあり方を変えればよいのだ。

たとえば、髪が薄くなり始めたとき、それを悩んだり隠したりするか、

それともその事実を受け入れるかの二つの選択が可能である。

そのまま受け入れてしまえば、あなたは何もする必要はない。

あなたは自分の身体を尊び、あるがままの自分を見守ればいいのだ。

そうすれば、誰かに髪が薄くなってきたことを指摘されたとしても、

それを気にする理由は、はじめから存在しないのである。

事態を受け入れることによって、それを問題視する必要がなくなるのだ。

これは別に自分をあざむいているわけではない。

人に認められたいという、内なるエゴの欲求を断ち切っているのである。

自分をあるがままに受け入れることができていれば、あなたはこころからこう言える
はずだ。

「私は私だ。私はあるがままの自分を受け入れるのだ」

自分に対して正直になり、いつでもこうした態度をとれるようになれば、

自分に宇宙の恵みを受ける資格があると思えるようになるはずである。

意識を切り換えられるかどうかは、あなた自身の問題である。

自分の内面に目を向ければ、あなたは今この瞬間にも変わることができるのだ。

●すべてが「自分のためにうまく回る」思考技術!

このような気持ちが持てるようになるには、

身の不遇を他人のせいにしたがるエゴの根強い衝動を断ち切る必要がある。

自分の人生のすべてに責任を持つことは、自分の内面に宿る力を再認識することにつ
ながるのである。

「今自分がこうなっているのは、彼らのせいだ」と人を非難するのではなく、発想を
切り換えて

「自分が消極的で、人に対して引っ込み思案だったからこうなったのだ」と考えるの
である。

自分のすべてに対して責任を持てるようになってはじめて、

あなたは自分が求めているものを引き寄せられるようになる。

何かに不満があるときに、それを他人のせいにしていると、

それを引き寄せるためにはその人をどうにかしなければならない、ということになる
からである。

他人に責任を転嫁しているうちは、より高いレベルに至ることは難しい。

どんな些細なことでも、最終的にそれを判断してきたのは自分自身であり、

自分に責任があるのだということを自覚できるようになれば、あなたに求めるものを
引き寄せる道が拓ける。

逆に、現在の境遇に立ち至った原因を自分以外に求めていると、

力は責任を転嫁している相手に向けられてしまうのである。

(中略)

何かに不満を抱くことは、それに対して身がまえ、敵意を抱くことにつながってい
き、

それだけのエネルギーは消耗していく。

それとは反対に、あなたが何かとうまくつきあっていこうと思うと、それはエネル
ギーを高めてくれるのである。

何よりも自分とうまくつきあうことである。

自分の人生に責任を持つようにすると、

天が自分に対して驚くほど協力的だということがわかってくるはずだ。

逆に言うと、天の協力を得るためには、愚痴をこぼすのはやめて、

自分のすべてに責任を持つ必要があるのだ。

**************************************

**************************************

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.