早川勝メール【471号】7日間でキラキラになる

2009-05-09

こんにちは。

ご縁があって名刺(アドレス)交換させていただきました865名の方々へ
一斉配信しています。

ゴールデン明けましておめでとうございます。
ゴールデンウィークはいかがでしたか?
楽しめましたでしょうか?
いや、もしかすると、まだ大型連休中だという方もいるかもしれませんが…、

今日から社会復帰された方々…、
気持ちを「CHANGE」させて、
張り切って働きましょう。

えっ?
そうは言っても
なかなか、切り替えが難しいって…。
ああ、なるほど、そうですか…。

そうなんですよねぇ…

では、こうしましょう。
次の目標設定。

半年後にやってくる「5連休」、
これを目標に頑張ってください!(笑)

最近はお休みが多くなりました。

お休み好きにはオイシイ時代になりましたねぇ。

でもまあ、
私にとっては「毎日が休日」みたいなもんですから
関係ありませんけど…(笑)

人生=ホリデーです。

…と、
前置きはこれくらいにして、
それでは今回も
418冊目のオススメ書籍からの抜粋文章をご紹介します。
テーマは…
【好かれる人の秘密】
です。
お役立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「オススメ書籍」シリーズ【No.418】
『君が輝けば仕事も恋もうまくいく! 7日間でキラキラになる★』
石井裕之著
マガジンハウス

★好かれる人の秘密

みんなから好かれる人って、どんな人でしょうか?
面白い人?  優しい人?  誠実な人?  それとも、お金持ちの人でしょうか?
いいえ。
好かれる人というのは、「分かりやすい人」なのです。
「分かりやすい人」というのは、みんなに安心感を与えます。
分かりやすいから、みんな、安心できるのです。
露骨にわがままなヤツでも、実際はけっこうみんなから愛されている人がいます。
その人は、「分かりやすくわがまま」だからなのです。
嫌なヤツでも、その嫌なヤツ具合が「分かりやすい」人というのは、
みんなから受け入れてもらえるものです。
多少、嫌なところがあっても、分かりやすいから、周りの人たちも安心できるのですね。
だから、案外、みんなから愛されるのです。
仕事も容姿も完璧で、隙のない、まるでマシンのような人がたまにいます。
そういう人に対しては、こちらとしても、ちょっと心を開けないですよね ?
完璧すぎて、その人の心の動きが感じられないからです。
仕事ができるのは分かるけれども、「人間として」どういう性格の人なのかが、まったく見えてこないからです。
でも、そんな完璧の人が、たまたまちょっとしたかわいらしい失敗をして、
恥ずかしそうに照れ笑いをしているのを見たりすると、周りの人たちもホッとします。
「ああ、この人も人間だったんだなあ」と思って、一気にその人のことが好きになってしまいます。
そういうことって、よくありますよね。
愛される人の秘密は、やっぱり、「分かりやすさ」なのです。
分かりやすいから、人の不安を掻き立てないのです。

★わかりやすいキャラクターが大切

すでに何度もお話ししたように、「キミが輝くのではなく、キミの周りの人たちがキミを輝かせてくれる」のです。
だから、いつも周囲の人を不安にさせてしまっているような人は、輝くことなどできません。
何を考えているのか、何をやろうとしているのか、何を言おうとしているのか分からないような人、
つまり、「分かりにくい人」は、周りから見ていても、輝きがないものです。
たとえば、キミにとって、キラキラ輝いていると思える人を、ひとりでもふたりでも思い出してみてください。
タレントやアーティストでもいいし、会社の同僚でも構いません。
その人は、いつも笑顔で溌剌としていたり、自信満々だったり、何か大好きなものに夢中になっている人だったりと、
そんなふうに、そのまま漫画やドラマに登場人物にでもなりそうなくらい、キャラクターが明確で分かりやすい人であるはずです。
分かりやすいから、その人はみんなの不安を刺激しないし、だからこそみんなから愛されて輝いていられるのです。
「でも、ミステリアスな人の魅力っていうのもあるじゃないですか? 」という疑問をもつ人もいるかも知れません。
たしかに、謎めいたところが魅力で、みんなから好かれている人というのもいます。
でも、その人もまた、「分かりやすくミステリアス」なのです。

ミステリアスということ自体がその人の明確なキャラクターになっているのです。
だから、その人もやっぱり「分かりやすい人」には違いありません。
自らのキャラクターを分かりやすく演出するということは、
自分を輝かせるうえで、とても大切なことなのです。

★キミは分かりやすい人か?

そこでキミに質問があります。
キミは、分かりやすい人でしょうか―――?
自分では自分のことを、案外、分かりやすい人だと思っているものです。
必要以上に無口で、えらく表情に乏しい人がいまして、これじゃあ人間関係も辛かろうと思って、
「もっと分かりやすく自分を表現してみてはいかがですか?」とアドバイスすると、
そういう人ほど、「いや、私はかなり分かりやすい性格ですよ」などと答えるものです。
そりゃあ自分のことなんですから、自分では自分がどういうことを考えているのか分かるでしょう。
問題は、周りの人から見てわかりやすいかどうか―――ということです。

**************************************

**************************************

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.