【917号】一流の「話し方」全技術 磨けば磨くだけ成果に直結する技術を一挙公開 !

2019-10-20

 

一昨晩、明日香出版主催の「著者大会」に招かれまして、

壇上にて「感謝状と記念品」をいただく栄誉を賜りました

 

何も勝手のわからない初参加だったのですが、

いきなり百数十名の著者や関係者の前で〝表彰〟していただき、

スピーチまで、というのは、本当に感謝・感激でございました。

 

その昔、外資系生保のプレーヤーや営業所長・支社長だった頃には、

表彰される常連でしたので、壇上に登るのは慣れたものでしたが、

最近は、本部の者として「表彰する」側のお役目が続いていましたので、

超久しぶりの〝感動〟に、胸が熱くなりました

 

やっぱり、いくつになっても、表彰される立場っていうのは、

ホントいいもんですねぇ。

 

かつて、サンセットビューで真っ赤に染まったゴールドプライズの表彰盾を

ハワイの地で贈呈された表彰パーティーを思い起こしましたよ。

(今回の場所は、本の聖地・神保町でしたが…)

 

むしろ、その時の感動とは趣の違った、

いや、それ以上の感動だったかもしれません。

 

素人の私が、自己流でコツコツと13作書いてきて、

やっと何とか「少しだけ」でも公に認めてもらえたような、

そんな嬉々たる気持ちです。

 

僭越ながら、式典あとの懇親パーティーでは、

乾杯の音頭をとるお役目まで仰せつかり、

すっかり調子に乗ってしまった私です。すいません。

 

著名な先生方とも交流を深めることができ

何から何までラッキー・ハッピーな夜でございました。

 

ホント単純ですが、

ますます「出版」へのモチベーションが上がりました!

 

これもひとえに、読者の皆さま方の応援のおかげです。

最高のバースデープレゼントになりました。

(本日10/20は、私早川の57歳の誕生日でございます)

 

還暦まであと3年、もうひと花もふた花も咲かせます!

 

改めまして、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

以上、前置きはこれくらいにしまして、

メインコンテンツに入ります。

 

本号も、お薦め書籍(714冊目)として、

ためになる一節を抜粋し、ご紹介いたします。

 

本日のテーマは、【一字が万事】です。

 

お役に立ちましたら幸いです。

それでは、どうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓

私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.714

『一流の「話し方」全技術』

磨けば磨くだけ成果に直結する技術を一挙公開 ! 

話し方ひとつで、たちまち見える世界が変わってくる

世界トップ 6%に贈られるMDRTを

900名以上、輩出!

あらゆる仕事や人間関係に使えて、即・効果が出る!

井上健哉著

明日香出版

https://ux.nu/4Jhjx

 

 

そう、日本語の「一字」は劇薬です。

それゆえに、使い方を間違えると大変なことになります

 

「が」と「で」の違いを見てみましょう。

「あなたがいい」

「あなたでいい」

プロポーズなら取り返しのつかない大失態です。

 

友達同士でランチに行きました。

何種類かあるランチメニューのなかから選ぶとき、

本人は無意識ですが、「それがいい」という人と、「それでいい」という人がいます。

「が」は是非ですが、「で」は妥協です。一流人は、「が」を使います。

 

こんなのもあります。

「も」と「は」の違いです。

「今日もありがとうございます」

「今日はありがとうございます」

「も」は包括ですが、「は」は限定です。

 

初対面の場合は、「今日はありがとうございます」でもOKですが、

知っている人同士なら考えものです。

「今日はありがとうございます」だと、人によって、

「あれ? いつもは、ダメなのかな?」というふうに聞こえる場合があります。

万能なのは、「も」です。

 

もう少し、日常生活で何気なく使っている具体例を、いくつか見てみましょう。

 

職場で上司から仕事を頼まれました。

「やってみます」

「やってはみます」

そうです。「は」が余分なのです。

 

「は」は自信のなさや、できなかった時の言い訳を含みます。

自信がないのなら、なおさら「やってはみます」と言うのはやめましょう

「やってみます……自信ありませんが」と分けて話すと、

「前向きさ」が前面に出るので、聞いている上司には心地よいでしょう。

 

続いて、お願いされたときの返事を見てみましょう。

「いいですよ」

「いいですけど」

これもおわかりの通り、「けど」が余分なのです。

「イヤイヤ感」が不快の素になります。

 

では、その頼まれた仕事が完成した時の言葉です。

「できました」

「しておきました」

「しておきました」は、やや恩着せがましさが入ります。

そのため、せっかく頑張ったのに、自分の値打ちを下げてしまいます。

 

これらは「一字」ではありませんが、

多くの人が無意識のうちによく使ってしまう表現です。

 

さらに、電車で席を譲る時の声掛けはいかがでしょう。

座ったままで、「お掛けになりますか」

立ち上がって、「お掛けください」

 

譲るふりだけなのか、本気で譲る気があるのか、

相手が受ける印象は大きく違います。

立ち上がって「お掛けください」なら

譲られた相手も気兼ねなく座ることができるでしょう。

 

ビジネスであれ、プライベートであれ、

日常生活のなかで、同じ日本語使うのにさほど大きな手間などないはずです。

しかし、たった「一字」の違いでこれほどまで、

相手に伝わる印象が変わってしまうのも事実です。

 

一流人は、「一字」の重みを知っています

たった「一字」の選択を間違えて、

相手に誤解を与えてしまった経験を持つ人も少なくないでしょう。

そこで、言葉の選択ミスを避けるためにも、

事前に内容を整理してから話すことを習慣にしましょう

実は、一流人は、常に話す内容を頭の中でまとめているものです。

 

整理する時間は1、2分ほどでかまいません。

思いつきで話すのをやめて、一度、どのように伝えたら誤解がないかを

頭の中で考えるだけでも、言い間違いを減らすことができます。

 

私たちは、果たして 一日にどれほどの言葉を話しているでしょうか?

それが1カ月、1年となれば……。

小難しい表現や言葉遣いを意識しなくても、たった「一字」にこだわるだけで、

もっともっとあなたのファンは増え続けるでしょう。

 

たかが「一字」、されど「一字」。

まさに一字が万事なのです。

 

 

(中略)

 

 

相槌を打つときに、「そうなんですね」は共感がにじみますが、

「そうなんですか」は反感を醸すことがあります。

 

語尾が、「ね」か「か」だけ、たった一語しか違いません。

だから日本語は怖いのです。

 

待たれている、お客様などへの声掛けです。

「お急ぎですか」より「お急ぎですね」を使ってください。

「私は、『あなたは急いでいる』とわかっています」と、このニュアンスが伝わります。

 

「手伝いましょうか」より「手伝います」ですし、

「席変わりましょうか」より「席変わります」です。

 

相手に尋ねるより、一方的に差し出すほうがスマートです。

 

語尾が「か」だと、露骨に言うと、あなたが私にお願いするんだったら、

『してあげなくもないけど』感が漂ってしまいます。

 

原因は、『心の声』です。

あなたの心の声が、小さな小さな一語として言葉に含まれるのです。

そして声のトーンや大きさと相まって相手に届くのです。

 

(中略)

 

コミュニケーション能力に大きな差など生じないはずなのに、

話し方で相手を引きつける人がいる一方で、

いくら話しても特に魅力を感じない人もいます。

一体、何が違うのでしょうか?

 

言葉遣いによるところも大きいかと思います。

常日頃から、豊かさが伝わる一言を足すことを心掛けるようにしましょう。

 

ありがとうございます→いつもありがとうございます

ありがとうございます→ありがとうございます、勉強になりました

美味しかったです→どれもホントに美味しかったです

お疲れ様です→暑いなか、お疲れ様です

いらっしゃいませ→いらっしゃいませ、お待ちしておりました

お気をつけて→夕刻で皆先を急ぐ時ですから、お気をつけて

 

いかがでしょうか?

たった一言足すだけで、随分と豊かな表現になると思いませんか?

 

 

 

 

令和元年10月13日(日)

 

【編集後記】

 

本日ご紹介した『一流の「話し方」全技術』は、

https://ux.nu/4Jhjx

私早川の盟友・井上健哉氏の最新刊です。

 

今作が、井上健哉さんの3作品目となります。

実はこの本、拙著〝鬼シリーズ〟と同じ「明日香出版」から刊行されたのですが、

井上健哉さんの1作目・2作目もまた、

拙著〝死ぬ気シリーズ〟と同じ「かんき出版」からの刊行、

というように、不思議と深いご縁がございます。

 

井上健哉さんは、生保のプロとしてMDRTに22年連続登録される終身会員であり、

主催する「けんや塾」のからは900名にも及ぶMDRTを輩出する伝説の男

さらには、カリスマ講師として年間200回の講演を10年以上続けています。

 

ぜひ皆さんも、新刊を通して「けんや術」を学び、

日々お役立てくださいませ。

 

 

それではまた、次号をお楽しみに!

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

******************************

早川勝

【オフィシャルサイト】http://tsuitel.in

 

最新シリーズ↓

『リーダーの鬼100則』

https://ux.nu/thClL

『営業の鬼100則』

https://goo.gl/dd1QQF

 

Bookサイト  http://tsuitel.in/books/index.html

 

【書籍案内一覧】↓

http://tsuitel.in/books/book_list/index.html

【人気シリーズ】↓

http://tsuitel.in/books

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

ご感想、配信停止はコチラ↑

******************************

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.