【914号】おにぎりは30分かけて食べなさい ブレインストレッチで鋭い集中脳をつくる

2019-09-08

 

9/2月曜日、無事に「左目」の白内障手術が終わりました

おかげさまで、術後は順調のようです。

 

手術室へ入った瞬間は、かなりビビりましたが、

たった20分程度で終わり、特に痛みもなく(術後も)、

今は、半分の達成感に浸っているところです。

 

左目の「眼帯」が取れた瞬間は、感動しましたー !

めっちゃクリアで、はっきりくっきり視界良好。

見える世界が変わりました。

いや~、これはすごい ! 想像以上でした。

 

生まれ変わった不思議な気分。

今となっては、高額な手術費用も安く感じてきた私です。

 

手術前の右目が「ピンボケの白黒テレビ」なら、

手術後の左目は「高画質の4Kテレビ」くらい超鮮明

 

右目から見える景色が、白くモヤのかかった「思い出の回想シーン」なら、

左目から見える景色は、より鮮明なフルハイビジョンの「現実世界」。

まさに、左右の世界は、〝過去と未来のようなコントラストになっています。

 

その左右のコントラストも、明日までのこと。

さあ、いよいよ明日9/9は、右目の手術となります。

 

今は両目のバランスが悪く見えにくいので、

早く手術を終え、すっきりしたい気持ちでいっぱいです。

 

あっ、ちなみに、

某生命保険会社に「手術給付金」の請求手続きの問い合わせをしたところ、

左目と右目の手術日が異なっているため、

給付金が「×2回分」支払われるそうです。

 

なんだか、得した気分。

 

 

では、白内障レポートの続きは…また来週。

 

と、本日の編集後記にも「おまけ」を。

 

 

 

以上、前置きはこれくらいにしまして、

メインコンテンツに入ります。

 

本号も、お薦め書籍(711冊目)として、

ためになる一節を抜粋し、ご紹介いたします。

 

本日のテーマは、【超集中ホルモン】です。

お役に立ちましたら幸いです。

それでは、どうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓

私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.711

『おにぎりは30分かけて食べなさい』

ブレインストレッチで鋭い集中脳をつくる 

超集中で人生大成功 !! 注目の脳トレーニング

発想力、洞察力、コミュニケーション力もアップ

プロアスリート、経営者、一流ビジネスパーソンなど

3万人以上が効果を実感している

本田ゆみ著

BABジャパン

 

 

超集中状態に入るには、

脳内ホルモンのバランスがとれていることも、大きな条件の一つです。

 

脳内ホルモンというのは、脳の神経細胞がつくり出す化学物質(神経伝達物質)のこと。

現在100種類以上の物質が確認されており、

大きくは、神経細胞を「興奮させる」ものと「抑制する」ものに分けられます。

 

興奮作用がある代表的な脳内ホルモンは、

「ドーパミン」や「アドレナリン」です。

 

ドーパミンは快楽や意欲をもたらす一方、

アドレナリンは「ストレスホルモン」とも呼ばれ、

生命の危機やストレスに反応して闘争心や緊張感を高めます。

 

反対に、神経細胞を抑制する脳内ホルモンの代表は

「セロトニン」と「オキシトシン」です。

 

セロトニンには、心身を安定させる作用があります。

またオキシトシンは別名「愛情ホルモン」とも言われ、

人に信頼感や愛情を抱かせる働きをもちます。

 

アドレナリンやドーパミンは、その分泌量が適量であれば脳は活性化されます。

ところが、過剰な状態が長期にわたって続くと、

アルコール依存症やギャンブル中毒を引き起したり、

イライラや不安、焦り、緊張といった感情を引き起こしたりするなど、

脳の働きを阻害します。

 

こうした過剰分泌を防いでくれているのが、

セロトニンやオキシトシンなんですね。

 

いずれも人体に重要な働きをするホルモンであり、

これら4つのホルモンが絶妙なバランスで分泌されているときしか

超集中状態は訪れません。

 

超集中状態について語られるのは、アスリートが成果を出したときが多いと思います。

それはなぜかというと、スポーツの世界は勝負ありきですから、

強い闘争心が必要とされます。

つまり、一般の人よりアドレナリンが出やすいからです。

 

セロトニンやオキシトシン、ドーパミンといったホルモンは

日常生活でも分泌されやすいのに対し、

アドレナリンは、ごくふつうの日常生活では、分泌されにくいのです。

 

その点、アスリートはアドレナリンの分泌量が多いことから、

超集中状態に入るためのホルモンのバランス条件を満たしやすい。

また、超集中している状態がわかりやすいこともあって、

スポーツの世界では頻繁に超集中状態体験が語られるのだと思います。

 

超集中状態に関わるホルモンは、もう1つあげられます。

先に、「ミスをしたらどうしよう」という不安や怖れを取り除くことが

超集中への近道であるとお伝えしました。

このような不安定な気持は、偏桃体によって

「ノルアドレナリン」という脳内ホルモンが分泌されることで生じます。

ですが、ノルアドレナリンが分泌されるのは、

「負けたくない」「戦わなければ」という前提があるからこそ。

ある意味、とても大きなモチベーションにつながるホルモンでもあるわけです。

 

こうした特徴から、ノルアドレナリンの分泌も超集中状態の必須条件と言えます。

ただし、ほかの4つのホルモンと異なるのは、

超集中状態に入る「きっかけ」として必要なホルモンであり、

超集中状態に入ってからは分泌が抑えられるという点にあります。

 

なぜ自動的にノルアドレナリンが抑えられるかはわかっていませんが、

恐らく、ノルアドレナリンが分泌され続けることによって、

感情が揺らぎやすくなるからだと思います。

 

超集中状態を継続させるためだと推測されますが、

これも万能な脳のなせる業なのかもしれませんね。

 

 

脳内ホルモンは神経細胞ですから、厳密によると分泌されるものではなく、

一瞬その神経の電気がパーッと点灯するようなイメージです。

わかりやすく表現するために、便宜的に「分泌」という言葉が用いられているのですが、

実際には何CCのホルモンが分泌されるとか、そういう類のものではありません。

では、ホルモンの作用は、どのくらい持続すると思われますか?

 

答えは――9秒です。

 

神経細胞にパッと光が灯るのは、たった9秒だけなんですね。

つまり、不安や悲しみ、イライラ、怒り、焦り、緊張といった感情は、

本来9秒しか続かないということ。

もちろんネガティブな感情だけでなく、

喜びやワクワクするようなポジティブな感情も同じことがいえます。

 

にもかかわらず、私たちは何日もハッピーな気分で過ごしたり、

悲しみを引きずったりしますよね。

それはどういうことなのでしょうか。

実は、人間はイメージ力が強いため、うれしいことも悲しいこともリアルに思い出し、

繰り返しそのときの感情を味わっているからなのです。

 

ホルモンの影響はほんの一瞬しか受けないのに、

「あの人はいつも仕事が遅い」「この上司は私のことが嫌いなんだ」と、

イメージを膨らませては、せっせと悩に刷り込んでいる。

だから、ずっと苦しいのです。

 

ポジティブな感情であれば、何日続いてもいいでしょう。

けれども、ネガティブな感情とはさっさとお別れしたいもの。

いやな出来事を、頭のなかで何回も繰り返すのはやめましょう。

 

ネガティブなイメージは、「つくらない」「持たない」「捨てる」を徹底すること。

それが、超集中状態につなげるテクニックなのです。

 

 

 

令和元年9月8日(日)

 

【編集後記】

 

白内障の体験談、おまけです。

 

術後3日目からシャンプー解禁なのですが、

美容室・理容室のシャンプー台で上向きになることが条件なんです。

ということで、近所の散髪屋さんへ、毎日せっせと通っています。

 

洗顔もしてはいけないので、「洗顔シート」で顔を拭き、

目の周辺は、病院で渡された薬用の「脱脂綿」で丁寧に拭き取ります。

 

寝る前には、仮面ライダーのような「眼帯」を絆創膏でバッテンに貼りつけて

睡眠中、無意識にこすってしまわないように、左目を防護します。

 

昼間は、通院や散髪屋への外出時はもちろんのこと、

室内にいるときも「保護用メガネ」をかけていなければなりません。

トイレ、食事中、シャワーのときもずっと。

 

すべては「感染症予防」のためらしいのですが…。

 

左目には3種類の目薬を1日8回、

右目には2種類の目薬を1日6回、

というように、1日中、目薬をさすことが生活の中心となっています。

 

何かと不便な毎日ではありますが、

幸せホルモン「セロトニン」がたくさん分泌されているのを感じます。

 

歯の矯正のときもそうでしたし、仕事においてもそうですが、

それがどんなに辛い治療や障害であったとしても、

「今、改善に向かっている」という状態であることが、

どれだけ私たちに「元気」と「勇気」と「希望」を与えてくれるのか

まさに今、実感しています。

 

 

 

それではまた、次号をお楽しみに!

 

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

******************************

早川勝

【オフィシャルサイト】http://tsuitel.in

 

最新シリーズ↓

『リーダーの鬼100則』

https://ux.nu/thClL

『営業の鬼100則』

https://goo.gl/dd1QQF

 

Bookサイト  http://tsuitel.in/books/index.html

 

【書籍案内一覧】↓

http://tsuitel.in/books/book_list/index.html

【人気シリーズ】↓

http://tsuitel.in/books

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

ご感想、配信停止はコチラ↑

******************************

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.