【875号】 営業の鬼100則 時代にも、商品にも、お客さまにも左右されない!スキル、戦術、習慣、そして鬼スピリッツを磨き上げろ!

2018-09-08

 

9/2日曜日、姪っ子(実姉の長女)が結婚式を挙げました。

 

私にとって、幼少の頃から可愛がってきた姪は、実の娘3人と同等の存在。

まさに、四姉妹の長女がお嫁に行ったようなものです。

 

我が家からは、姪にとって祖父・祖母となる私の両親、

義理の叔母となる私の妻、従妹となる私の3人の娘という、

総勢7人家族にて、ご招待されました。

 

その日は朝から、ソワソワと興奮気味な早川ファミリー。

85歳のおばあちゃん(私の母)を着物の着付けのために美容院へ送迎したり、

めかし込んだ家族みんなでタクシー2台に分乗し、さあ一路、表参道の式場へ。

 

結婚式場に到着すると、まずは新郎新婦それぞれの親族紹介があり、

姪っ子が入場するや否や、早くも新婦の母(私の姉)は、いきなりマッハ号泣スタート

紹介する身内の名前を忘れてしまうハプニングも。

 

その直後、チャペルでの「人前結婚式」というのは初めての列席体験でしたが、

姪のウエディングドレスがまぶし過ぎて、

世の中の美という美のなかの最高峰の美こそが、この「花嫁姿」なのだと実感しました。

 

披露宴会場へ席を移すと、テーブルには、姪っ子直筆のお手紙が置いてあり、

読み進めて気がつけば、便せんにはポトポトと涙・涙・涙のしずくが…。

うううっ、〝鬼〟の目にも涙です。

 

周りを見渡すと、我が家の家族たちやご友人たちも、涙・涙・涙…。

なんとなんと、百人近い招待客全員宛ての直筆長文レターが置かれていたのです。

 

しかも封筒の中には、これまた全員に一枚一枚、

愛のこもった「思い出の写真」までもが忍ばせてありました。

 

姪っ子は昔から、もの凄くマメなんです。

我が家の様々な記念日やイベントにも、「神の領域」かと思わせる、

期待以上の演出を欠かしたことがありません。

ホント、超すごいんですよ。

自らの結婚式でも、見事にやってくれましたー!

 

そうしてオープニングとなった結婚披露パーティーは、

笑顔と涙、爆笑と感動のセレモニーの連続。

新婦がお色直しで退場する際には、86歳のおじいちゃん(私の父)がエスコートして、

いや、エスコートされて???

ウエディングドレスの裾を持ち上げながら涙が止まらないおじいちゃんの姿を見て、

我がテーブルの孫娘たちも号泣するという感動の連鎖もあり…。

 

その我が娘たち3人(新婦の従妹)は、クライマックスの余興にて、

特設ステージから、お揃いのはっぴを着て勢いよく登場。

新郎新婦が大ファンである「ももいろクローバーZ」の曲を、

アイドル並み(?)のパフォーマンスで披露し、会場は熱気に包まれました

 

いやー、結婚式ってホントにいいもんですねぇ。

 

新郎新婦の2人は、慶應大の在学中に留学先で出会い、

十年以上も愛を育んできました

 

新郎の「武(たけし)」君は、

その名の通り、武士のような男です。

見た目は温和でポワポワとした優し気な風貌ですが、

気質はストイックな武士そのもの

 

「死ぬ気シリーズ」から「鬼100則」まで、私の本の愛読者でもあり、

いつも共感度いっぱいの感想を送ってくれるナイスガイです。

 

さらに、めでたいことに、

武士と花嫁の間には、コウノトリからの授かりものが…。

来春の訪れとともに「天使」が舞い降りるというではありませんか!

うおー、平成最後の〝武士の子〟です。

 

いよいよ、私早川にも初孫(?)が誕生します。

楽しみ過ぎて、幸せがあふれて止まりません。

 

 

 

以上、身内ネタの前置きはここまでといたしまして、

メインコンテンツに入ります。

 

大変恐縮ですが、お薦め書籍(679冊目)として、

前号でご紹介した新刊の「まえがき」に引き続き、

本号では「あとがき」を抜粋し、ご紹介いたします。

 

本日のテーマは、

【鬼の定義】です。

 

お役に立ちましたら幸いです。

それでは、どうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓

私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.679

『営業の鬼100則』

https://goo.gl/dd1QQF

甘えを捨て、自分を律し、技を極めろ!

あなたの中の「鬼」が目覚め、

ハイパフォーマンスを実現させる

鬼奥義100を一挙公開!

世界TOP6%しかいない、MDRTを次々と輩出した

伝説の営業マネジャーが教える、ストイックな営業原則

時代にも、商品にも、お客さまにも左右されない!

スキル、戦術、習慣、そして鬼スピリッツを磨き上げろ!

早川勝 著

明日香出版

https://goo.gl/dd1QQF

 

 

あとがき

 

あなたの心の底に眠っていた「鬼」は、目を覚ましただろうか。

おそらく、ここまで読了したあなたは、みなぎる自信とパワーが蘇り、

今すぐにでも外へ飛び出して営業を始めたいほどに、

士気が高揚しているのではないだろうか。

鬼の金言を通して、あなたの営業魂に火がついたのであれば幸いである。

 

一方、もともと営業の実力は折り紙つきで、さらにもっと腕を上げたいと思い、

本書を読み込んでくれた「鬼のようなあなた」であるなら、

もはやこれで〝鬼に金棒〟になったに違いない。

 

こうして、100項目にもわたる「鬼営業の奥義」を1冊にまとめ上げ、

贅沢極まりないプレミアムな営業本が誕生したことは、

かねてからの私の念願が叶い、改めて感動しきり、〝鬼の目にも涙〟である。

 

超実践的な鬼スキル、超本質的な鬼アクション、超具体的な鬼ハビッツ、

そして、超刺激的な鬼スピリッツと、

「ここまで濃密なコンテンツが詰まった営業指南書は、いまだかつて存在しなった!」

と、声を大にして叫び出したい気分だ。

 

鬼の定義とは、

「あなたが元来持っているにもかかわらず、

普段は発揮しきれていない忍耐強さやバイタリティを生かし、

理性と知性と愛を持って、願望を叶えていく〝途轍もない力〟のこと」

である。

 

「営業の鬼100則」を完全にマスターしたあなたであれば、

もうすでに将来の成功は約束されたも同然だ。

その未来(来年)の話を声高らかに吹いたところで、決して〝鬼は笑わない〟。

 

本書が、永く後世の営業マンたちへと語り継がれていく

ロングセラーとなってくれることを、心から願ってやまない。

 

多くの営業マンが本書を手に取ってくれることにより、

〝渡る世間は鬼ばかり〟になってくれたら、喜ばしい限りである。

 

最後になったが、このたびの出版に当たり、

明日香出版社の方々から多大なるご協力を賜り、この機会を得た。

そして何より、編集担当の古川創一氏からの「鬼」のように的確なアドバイスと、

「仏」のように心温まる励ましによって、ここに本書が誕生した。

謹んで関係者の方々に感謝申し上げたい。

早川 勝

 

 

2018年9月8日(土)

 

【編集後記】

 

『営業の鬼100則』の全国一斉発売は、翌月曜日の9月10日ですが、

ひと足早く一部の大型書店には、積まれているかもしれません。

 

待ちきれない方は、この土日に本屋さんを覗いてみてください。

 

もちろん、ネット系のショップでは先行予約が始まっています!

https://goo.gl/dd1QQF

⤴『営業の鬼100則』

 

一人でも多くの営業マンが手に取ってくれたらと、切に願うばかりです。

 

 

 

では、また来週号をお楽しみに!

 

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

******************************

早川勝

【ホームページ】http://tsuitel.in

 

最新刊↓『営業の鬼100則』

https://goo.gl/dd1QQF

 

【書籍案内一覧】↓

http://tsuitel.in/books/book_list/index.html

【人気シリーズ】↓

http://tsuitel.in/books

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

ご感想、配信停止はコチラ↑

******************************

 

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.