【829号】成功の条件 「人」と「お金」と「選択の自由」 2時間で人生が変わるあなたの未来の物語

2017-04-08

 

新年度、明けましておめでとうございます。

桜満開の春がやってきました!

ワクワクしますね。

 

我が家の新年度…、

長女はこの春、やっと学校を卒業し、

「アイドル活動」に専念するとのこと。

親としては、引き続き「娘の夢」を応援してあげようと思っています。

 

次女は、なんとか大学3年生に進級できましたが、

今年もまた「学費納付」の季節がやってまいりました。

大学から届いた通知を眺めながら、

「あと2年で卒業かぁ、もう少し私も頑張って稼がないと!」

と思いつつ、

でも三女はまだ高校2年生ですから、

2年後の「次女の大学卒業」と入れ替わりに

今度は「三女が大学入学」ということになります

 

ああ、まだまだ「親の責任」を果たし切るまでは、

長い道のりが続きそうです。

 

改めて「よーし!」と気合いが入りました。

春というのは、いろんな意味でモチベーションの上がる季節ですね。

 

「働くパワー」を私に与えくれる娘たちには、

本当に感謝・感謝・感謝です。

 

 

 

以上、前置きはここまでといたしまして、

今週号のメインコンテンツに入ります。

 

本号も、お薦め書籍(688冊目)の中から、

ためになる一節を抜粋し、ご紹介いたします。

 

本日のテーマは、

【思考はうつる&別れる覚悟】

です。

お役に立ちましたら幸いです。

 

それでは、どうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓

私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ No.688

『成功の条件』 

「人」と「お金」と「選択の自由」 

2時間で人生が変わるあなたの未来の物語

ごく普通の青年の人生を大きく変えた非常識な成功論、誕生。

永松茂久著

きずな出版

 

 

 

「あのね、ここは大事なところだからしっかり話すよ。

人はね、身近な人の思考が『うつる』ようになってるんだよ。

たとえば口癖もそうだし、考え方もそう。

毎日一緒にいると、顔まで似てくることだってある」

 

「え、顔もですか? それはなんか信じがたいですね」

 

「そんなこともあるんだよ。

とにかくね、『思考はうつる』んだよ。

そしてね、人は本来ネガティブにできてるから、

前向きにいこうと考え始めても、そのつど、

『そんなに人生うまくいきっこない』

っていう考えがよぎる。

そんなときに周りから

『無理だからやめちゃえよ』

なんて言われると、絶対にそっちに流される。

だからいまから君がつき合っていく人っていうのは、当然変わる。

君は自分をその気にさせてくれたり、

ゴールを達成するために力を貸してくれる人と

つき合わなきゃいけなくなるんだよ」

 

「なんか寂しいですね」

 

「あのね、みんなで手をつないで前に行ければ、そんなに幸せなことはないよ。

でも、残念ながら人にはいろんな考え方があるし、それぞれのゴールがある。

だからゴールが違うと自然と別れていくんだよ」

 

 

なんとなく理屈はわかるが、ストンとは落ちなかった。

そもそも僕はそうまでして自分のゴールを達成したいのだろうか?

 

「ゴールを目指して歩き始めるときに、

必ずやってくる、覚えておくべき孤独なんだよ」

 

「孤独……。みんなそうなんですか?」

 

「何も捨てずに手に入ればいいんだけど、残念ながらそれは無理なんだ。

たとえば、オリンピックを目指している中学生がいるとする。

彼には何が必要かな?」

 

「練習です」

 

「友達が遊びに誘ってきたら?」

 

「いや、それどころじゃないですね」

 

「だろ。遅かれ早かれ人には勝負の時期が来る。

そのときに、いままで持ったものを手放すことなく

上手にやろうったって、そんなに甘くない。

とにかく大切なのは、

『いままでの自分の環境と別れる覚悟』なんだよ」

 

別れる覚悟。

友達と毎日一緒にいるわけじゃない。

だけど、別れはつらい。

 

「きついかな?」

 

「はい、正直」

 

「だよね。最初は孤独だ。

でも必ず次の物語が始まる」

 

「物語ですか?」

 

「うん、そう。物語。

1人で歩いている勇気に、

同じ思いを持った仲間との出会いが生まれる。必ず」

 

「新しい出会い……ですか」

 

「そう。似たようなゴールを持って歩いている人との出会い。

その出会いが君のゴールに向かうまでのセルフイメージを

大きく上げてくれるよ。共に歩く新しい仲間の存在がね」

 

そのあとの松本さんの話はこうだった。

 

人は不思議なもので、似たような考え方の人と出会い、

また新しい価値観をつくっていく。

そして古くなった価値観、つまりその前に一緒にいた人との別れが生じる。

 

しかし、これはいまに始まったことじゃなく、

僕たちはこの出会いと別れを繰り返しながら人生を紡いできた。

 

学生時代の友人と、社会に出てから疎遠になったり、

最初は信じられないくらい大好きだった人と、

価値観の違いから言い争いが増え、やがて別れが来る。

そしてまた次の人と出会うのだと。

 

そう言われてみれば確かにそうかもしれない。

 

「つき合っていく人や、仲間の存在っていうのは、

君自身のセルフイメージにとても大きな影響を与える存在なんだ。

成功の道を歩き始めるならなおさらのこと。

これはとくに意識しておかなくてもいいけど、

覚悟だけはしておいたほうがいい。

必ず新しい出会いと別れがやってくるから」

 

 

 

2017年4月8日(土)

 

【編集後記】

 

出会いと別れ。

 

良くも悪くも、

すべては自分が引き寄せているのですね。

 

素晴らしい仲間たちと共に、

素晴らしい人生を創っていきたい、 心からそう思います。

 

 

 

ではまた来週!

今週も素敵な一週間をお過ごしください。

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

******************************

早川勝

【ホームページ】http://tsuitel.in

最新刊

↓「ツイてない僕を成功に導いた強運の神様」

https://goo.gl/rHnquU

 

【書籍案内】↓

http://tsuitel.in/books/book_list/index.html

【人気シリーズ】↓

http://tsuitel.in/books

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

ご感想、配信停止はコチラ↑

******************************

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.