早川勝メール【522号】あなたは絶対!運がいい

2010-06-13

 

サッカーW杯が盛り上がっていますね。
「岡田ハエジャパン」には、ぜひぜひ頑張ってほしいですぅ。
ホントに。
先々週にもお伝えした通り、やっぱり前哨戦は連敗続き…
相変わらず岡田ジャパンに対する下馬評は厳しい意見ばかりですが、
みんなで日本チームを応援しようって盛り上がりは、イイですね。
ルールも知らない「にわかサッカーファン」までが一丸となり、
4年に一度だけ日本チームを応援する……、
そんな国民的なお祭りの季節がやってきました~!!!

目標の4強とはいいませんが、
なんとかグループリーグ突破を、いや、なんとか1勝を、
いやいや、なんとか1点を取ってほしいです。

本番直前のジンバブエとの練習試合もダメでしたね。
“ジンバブエ”という格下の「ハエ」にも勝てなかった「ハエジャパン」ですが、

明日のカメルーン戦は見逃せません。

ワールドカップ史上、
初戦において、第1シード(Eグループはオランダ)以外のチームに負けたチームが、
決勝トーナメントに進出したデータは皆無…過去に1チームも存在しません。
…っていうことは、初戦のカメルーンに負けたらもうおしまい、ってこと???
なんと、日本チームはいきなり「あとがない」

初戦ですべてが決まります。
頑張れ、岡田ジャパン!!!
奇跡の引き分けに期待したいです。

優勝はいったいどこの国になるのか…。
オールスター級の選手が揃っている「スペイン」でしょうか???
う~ん、ワクワクしますね。
しばらくは眠れない夜が続きそうです。

 

と、前置きはこれくらいにして…、

本日も、
「私の本よりためになるお薦め書籍シリーズ・全400冊」の中から
好評だったバックナンバーをお届けいたします。

それでは、
ためになる抜粋文章をどうぞ。
本日のテーマは…、
【理想と現実】
です。

お役に立てれば幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
私の本よりためになる「お薦め書籍」シリーズ  No.24
「あなたは絶対!運がいい」
浅見帆帆子著
グラフ社

自分の理想について話す時、人は「これは理想だから無理なんだけどね」とか
「それは理想でしょ」というニュアンスで話しますよね。
「理想だけは高く持ったほうがいい」なんていうのも、
まるで、最初からあきらめているかのような感じがします。
でも「理想」というのは、そんな消極的な希望ではありません。
ずっと追いかけ続けて、いつか達成したい目標です。
いくら「観念的」と定義されても、「考え得る最も完全なもの、最善の目的」であるのですから、
かなわない遠い「夢」ではないのです。
「人が考え得る」なんですから、人にできないわけがありません。
自分が設定するのに最高に素晴らしい「目標」で、意思と努力によって必ず実現するもものはずです。
「理想は実現できるもの」と思うか、「理想は最高に素敵な夢物語」と思うかが、
現実化するかしないかの分かれ目だと思います。
理想に対する意識の違いです。
実現するかしないかは、自分の心が決めているのです。
それよりもなによりも、「自分の心が楽しくなることをやろう」がわたしのモットーなので、
「理想は絶対、現実になる」という考え方は、自分を楽しくするのです。
「理想を実現させるために頑張ろう」と自分を奮い立たせるのではなくて、
「自分の心が楽しくなることに向かって進もう」というものです。
誰だって、理想が現実になったらうれしいですよね。
「こうなったらどんなにうれしいだろう」というような、
ただうっとりするための空想だと、そこから覚めたときに現実と比べてしまいますが、
それが本当になるとしたら、うれしくなって元気が出てきます。
理想が現実になるという確信があれば、やる気もわきます。
だから、必ず実現するというしっかりとした明確な理想が心にある人は、
毎日がきっと楽しいと思います。

 

 

2010年6月13日(日)

 

**************************************
生きてるだけで「ツイてる!」
感謝感謝の「早川 勝」でした。

E-mail:hayakawa@tsuitel.in

**************************************

comments
Copyright(c) 2010 HAYAKAWA, Masaru All Rights Reserved.